じゃがいもヨーグルト

夫がドイツの会社に就職、夫婦でベルリンに移住しました。ほぼ月一更新。

東京と比べたベルリンのファッション

おしゃれより実用性、黒が多い、ジーンズばっかりと聞いていたベルリンのファッション。まぁだいたいその通りなんですが、その他に私の受けた印象や感想を書きます。

・仕事着もカジュアル
少なくとも私が利用することのあるサービスのスタッフはカジュアルな格好が多いです。外人局や税務署や市役所の人も、日本でいうビジネスカジュアルとかではなくて、普段着の感じ。電車の運転手もチェックのネルシャツに色褪せたジーンズ。
中心部に行くとスーツの人もたまに見かけるけど、何の仕事なのかな。
黒っぽい上下揃いのスーツを着てネクタイを締めている団体がいると遠くからでも目立って、日本人だとすぐわかります。
 
・東西で服の傾向が違う
ベルリンの壁の名残で、東西で街並みや雰囲気が異なりますが、服の傾向も違います。東の若者は古着でサイズ大きめ黒多め、西の高齢者は質が良くサイズの合った明るい色の服多めな印象(東の高齢者と西の若者はまとまった印象ない…)。
東の若者はオールブラックのコーディネートをしている人が多く、着古して擦り切れた服(ビンテージ物なのかもしれない)を着こなしています。移住当初に全身黒の集団を見かけたときはかなりビビりました。一方でファストファッションも人気っぽい。
そういえばセレクトショップのオーナーの方に教えてもらったのですが、ここ数年ベルリンではスケーターファッションという、上も下もだぼたぼのコーディネートが若者の流行りだそうです。私はあまり見たことないけど。
西の高齢者は逆にきれいできちんとした感じ。アイロンのかかったシャツとか、サイズのぴったり合った花柄のワンピースとか。ふくよかな方々が体のラインに合う服を着ているのが不思議なんだけど、お直しに出しているのかな。西側のうちの近所(シャルロッテンブルク)は服のお直し屋さんをやたら見かけるし。
 
・全身同じ色の服を着ている人がよくいる
全身黒は、東のおしゃれエリアの若者に多いです。
ただ、オールブラックなら東京でも珍しくはないのですが、全身が赤、ターコイズブルー、ラベンダー、黄色、緑、といった人をよく見かけます。淡い色や落ち着いた色ではなく、はっきりした明るい色。濃淡の違いがあるとかでもなくて、全身ほぼ同じ色。ワンピースとかセットアップとかでもなく、普通の上下別々の服、なんなら靴やバッグ、帽子まで同じ色。

f:id:popoyopoyopopo:20190630185155j:plainなぜ全身同色の服を着ている人が多いのかドイツ人の友達にきいたところ、ドイツ人は服を気にしないからセンスがなく、いざおしゃれをしようと服屋に行って店員に相談すると、売れ残った変な色の服を上下で買わされると言う持論を展開していました。

後日通りかかった服屋では全て同じ色の洋服と服飾品がショーウィンドウに飾られていて、服屋もセンスがない説浮上。f:id:popoyopoyopopo:20190630185423j:plainちなみにオールホワイトもときどき見かけます。東京でも珍しくないですが、ベルリンで見かける人たちはなぜか白衣っぽい色を選びがちで、衛生関係の仕事着風。f:id:popoyopoyopopo:20190630185439j:plain

 

・高いヒール靴が少ない

お店には売っていますが、履いている人は少ないです。太いヒールはたまに見かけますが、ピンヒールは街中でほぼ見かけません。石畳みで歩きにくいし、履くときは徒歩では外を移動しないんでしょうね。

 

・すぐ汚れる

公園や花壇などが多く、また石畳みも土の上にそのまま石が置いてあるため、土埃が立ちやすいです。一回外を歩いたらすぐ汚れてベージュ色になります。

 

・ビルケンシュトックは種類が少ない

夏は履いている人を多く見かけますが、ドイツのブランドなのに東京の方が色とか柄とかいろいろ種類豊富に売ってます。

 

・秋冬はトレッキングシューズが多い

靴だけでなく、そのままハイキングに行けそうな格好の人が多いです。ジャックウルフスキン着てる人多い。

 

・若者の裸足(高齢者の裸)

夏場裸足で歩いている若者を見かけます。痛くないのかな。

年齢にかかわらず東京より露出多めですが、公園や湖に行くとたまに素っ裸のおじいさんおばあさんを見かけます。昔からの文化っぽい。 

 

・エコバッグとナップサック
日本だと雑誌の付録とか何かのノベルティでついてきそうな、薄い綿の長方形のエコバッグやナップサックを、メインの鞄として使っている若者が多いです。
 
・リュックサック
リュックサックはだいたいの人が紐を短くして高い位置で背負っています。カンケンハーシェルのリュックが多いです。日本でも流行ってたし、知ってるから目につくのかもしれないけど。
そういえば日本語の「リュックサック」はドイツ語のRucksackからきています。
 

ベルリンになじむ格好

着古したデニムパンツ、Tシャツ、スニーカー、リュックかエコバッグ、冬ならダウンコートで、全体的に地味なコーディネートにしておけばとりあえず浮かないと思います。
でも、ベルリンは多国籍な移民も観光客も多いし、だいたい何を着ていても大丈夫じゃないかなぁ。スリに狙われたくなければ、高そうな物とか全身新品とかは避けた方がいいです。