じゃがいもヨーグルト

夫がドイツの会社に就職、夫婦でベルリンに移住しました。ほぼ月一更新。

ベルリンの生地屋さん

最近洋裁にハマっています。

ただ、肝心の生地がベルリンは東京ほど充実していないし、値段も高いです。

洋裁のプロ含め複数の方に、いつもどこで生地を買っているか聞いたところ、オススメのお店をいくつか教えてもらいました。

 

 

ヒューコシュトッフェ(Hüco Stoffe)

みんな口を揃えてオススメしていた、ベルリンで一番大きな生地屋。

外の看板は目立たないし、建物2階の入り口も入っていいのかためらうくらい狭い。中はぶち抜きの倉庫のような感じでとにかく広い。

数はめちゃめちゃ多くてたいていの種類の生地を取り扱っている。かわいい柄は少ない。布の素材ごとに棚がはっきり分かれていて探しやすい。ただ、棚が高いので、上の方の布の柄を確認するのが大変。

値段はベルリンの中では普通かな。

Hüco Stoffe

住所:Lise-Meitner-Straße 7-9, 10589 Berlin

営業時間:月-水・金8:30-17:00、木8:30-19:00

 

ゲブリューダーベルガー(Gebrüder Berger)

ここも倉庫のように広い生地屋。Hüco Stoffeより規模は小さいけれど、全体的に布の質が高く、値段は安い。タグに書かれている数字は値段ではなく残りのメーター数なので注意。ひとつひとつ生地ごとに値段が異なるわけではなく、この棚は一律いくら、みたいな値段設定の模様。

地味な色柄の生地が多いが、アフリカのカラフルで派手な生地も扱っている。ここも棚が高く、しかもHüco Stoffeほどわかりやすく分類されていないので、生地を探すのが大変。

店のドアが開かなくて臨時休業かと戸惑ったけど、インターホンを押すと自動で鍵が開くようになっていて、ブザーが鳴っている間にドアを開けて入るシステム。

Gebrüder Berger

住所:Potsdamer Straße 68, 10785 Berlin

営業時間:月-金7:30-19:00、土7:30-16:30

 

ヘルマンプラッツのカールシュタット(Karstadt)

カールシュタットというデパートは、手芸用品売り場に布も取り揃えている。デパートの一画なので選択肢は多くないが、扱う生地の質がいい。棚の高さが目線より低くて見やすい。

いつもセールコーナーがあり、私はここで買うことが多い。気に入る布があればかなりお買い得。

ベルリンだけでもあちこちに支店があるが、中でもヘルマンプラッツ支店は布売り場の面積がかなり広く、セール品も多いので一押し。

Karstadt Berlin Hermannplatz Kreuzberg

住所:Hermannplatz 5-10, 10967, Berlin

営業時間:月-土10:00-20:00

 

ノイケルナーシュトッフ(Neuköllner Stoff)

ノイケルンの川沿いで開かれるトルコマーケットだが、土曜日は手芸グッズの屋台ばかり並ぶ。質もデザインもほとんどはいまいちだけど、安く布が手に入る。練習用にとにかく安い布がほしいときにいいかも。

Neuköllner Stoff

住所:Maybachufer, 12047, Berlin

営業時間:土11:00-17:00

 

おまけ:オススメの無料型紙サイト

服を作るなんて高校の家庭科ぶりで、ソーイング本や型紙ももちろん持っていませんでした。かといってドイツで売っている型紙は私の体型に合いそうにないし。

日本から取り寄せようかと思いましたが、日本語でネット検索していたところ、無料の型紙サイトや作り方の紹介動画がいくつも見つかりました。しかもドイツで売っている洋裁本よりはるかにわかりやすい。すばらしい。

中でもyanのてづくり手帖 | かんたん服の無料型紙と作り方というサイトに載っている型紙はほぼ直線だけで構成されていて、初心者の私でも簡単にかわいい服が作れました。オススメです!