読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃがいもヨーグルト

夫がドイツの会社に就職、夫婦でベルリンに移住しました。ほぼ月一更新。

ドイツ語の語学学校申込み

ドイツで生活するならドイツ語は勉強したい、友達を作るためにも語学学校には通いたいと思っていました。
語学学生ビザを取る必要もあったので、ベルリンに来てすぐ語学学校に申し込みました。

 

ドイツに来る前は、ベルリンに住んでいたことのある知人から「Volcshochschuleがいいよ!」と言われていたので、じゃあそこにしよ〜とあっさり決めていました。
Volcshochschuleは市民学校のようなところでいくつも校舎があり、授業料が安く、語学以外にもいろいろなコースがあっておもしろそうです。
週5のドイツ語コースの授業料は月175ユーロ(2万円強、2016年4月現在)。
ただし、市民のための学校なので、住民登録してからでないと申し込めません。
そこでベルリンに来てからあらためて申し込もうとしたところ、近所の校舎のドイツ語入門コースは3ヶ月先まで空きがありませんでした。
そこまで待つのは暇すぎるので、他の語学学校に申し込むことにしました。
 
 
いろいろ検討した結果、私はLichtenberg Kollegという私立の語学学校にしました。
・学費が安い(月240ユーロ、3万円くらい)
・家から近い(徒歩圏内)
・少人数制(1クラス11人まで)
・エリアが安全
というのが選んだ理由です。
ネットではレビューが数件しか見つけられなかったのですが、悪い評判もなく、総合的に良さそうだと判断しました。
※この学校は結果的に大失敗でした。全然オススメしません!
 
場所はシャルロッテンブルクというエリアにあって、静かできれいな治安のいいエリアです。
こじんまりした学校で、申込みに行った日は誰も見当たらず、廊下を進んで部屋の中をのぞき込み、スタッフを見つけて「申込みにきたんですが・・・」と声をかけました。
授業についてはまだ始まっていないのでわかりませんが、申し込みのときに対応してくださった方はとても親切でした。
学校の規模が小さいと事務手続きも混みにくそうです。 
 
 
ドイツ語は大学の第二外国語で選択していてそこそこ熱心に勉強していたのですが、それから10年経ってすっかり忘れてしまい、しかも会話は一切したことがないので、一番下の入門クラスから始めることにしました。
英語で「ドイツ語は話せる?」ときかれたので「いいえ」と答えて、クラス分けテストもありませんでした。
 
Lichtenberg Kollegの入門クラス(A-1)は月初からコースが始まるのですが、たまたま4月始まりのクラスがなかったため、5月からのクラスになりました。
その後1ヶ月暇でしたが、新しい環境での生活、気候の変わり目でもあり、のんびりできる時間があってよかったと思います。
 
この日は来た時間が遅かったせいか、正式な入学許可証は明日以降また取りに来てくださいと言われ、翌日再度訪問しました。
ちなみに、Lichtenberg Kollegで1年分の語学学生ビザを申請できる入学許可証をもらうには、半年分の授業料を前払いする必要があります。
 
 
ところで、ドイツで語学学生ビザを取るには、週20時間以上授業がある「インテンシブコース」に申し込まないといけません。
ネットで見ていて、語学学校のインテンシブコースの中には月〜金まで45分授業を毎日4コマというところも多く、これだと週20時間に満たないし変だなぁと混乱しました。
ビザ申請要件をよくよく確認したところ「週20授業時間」と書いてあって、語学学校のカリキュラムとあわせて考えるとどうも「週20コマ」という意味のようです。
語学学生ビザ申請には語学学校の入学許可証が必要なので、申し込む前に、ビザ申請のサポートがあるか学校に確認した方がいいです。 
 
 
※その後の話→語学学校を変えました